« 産業用ロボットにもオープンソースの波 | メイン | 自分でカギを開けられるロボット »

2012年2 月29日

2足歩行のロボット兵士を開発するDARPAの「アバター」プロジェクト

すでにWIRED等によって報じられているDARPAの「Avatar」プロジェクト。先日、DARPAの2013年予算案を見ても見つからない、とツイートしましたが、ありました!143ページに。GetRobo読者のH.I.さんが見つけて、ご連絡くださいました。ありがとうございます!!!(私もPDFを最初にダウンロードした際に「avatar」でキーワード検索したはずなのですが、何を寝ぼけていたのでしょうか。)

2013年の予算額は700万ドル。プロジェクトの概要を抜粋し、意訳すると、

Title: Avatar (アバター)

Description: Key advancements in telepresence and remote operation of ground systems are being made towards the ultimate goal of developing remotely operated robotic systems that can operate in dismounted environments. In order to demonstrate the utility of bi-pedal machines on real missions and accelerate their development, the synergistic partnership between machine and operator must be leveraged. The Avatar program will develop interfaces and algorithms to enable a soldier to effectively partner with a semi-autonomous bi-pedal machine and allow it to act as the soldier's surrogate. Once developed, Avatar will allow soldiers to remain out of harm's way while still leveraging their experience and strengths to complete important missions such as sentry/perimeter control, room clearing, combat casualty recovery, and, eventually, dismounted combat maneuver. Anticipated service users include the Army, Marines and Special Forces.

概要:本来なら歩兵が任務遂行する環境下で、活用できる遠隔操作型ロボットの開発を最終ゴールとして、地上システム向けのテレプレゼンスと遠隔操作の技術開発が進められている。リアルなミッションで2足歩行の機械が使えることを実証し、開発を加速するためには、機械とオペレーターの間の相乗的な協力関係が発揮されなければならない。アバター・プロジェクトは、兵士が、半・自律型の2足歩行ロボットと効果的に協力し、そのロボットが兵士のサロゲートになれるようなインタフェースとアルゴリズムを開発する。開発できたあかつきには、アバターは兵士が危険にさらされることなく、その経験と強みを発揮しながら、見張りや事前の危険物の排除、戦闘による死傷者の回復、そして最終的には歩兵の戦闘行為そのものを実行できるようになる。ロボットの潜在的ユーザーは陸軍、海軍、特殊部隊など。

FY 2013 Plans:

- Investigate power, locomotion, perception and control of surrogate bipedal machine platforms.
- Begin initial development of algorithms to allow the function of a bidirectional master controller between a human user and a remote bipedal machine.
- Initiate investigations into tethered and untethered power options to allow operation over relevant mission envelopes.

2013年度の計画:

‐ サロゲート用2足歩行プラットホームの電源、ロコモーション、知覚、制御技術を調査する。

‐ 操作者である人間と遠隔地にある2足歩行ロボットの間をつなぐ、双方向のマスターコントローラーの機能を実現するアルゴリズムの初期開発を始める。

‐ 適切なミッション遂行に必要なテザーつき、またはテザーなしの電源の選択肢に関する調査を開始する。

以上が予算書の内容です。

ボストン・ダイナミクスのPetmanも、今は化学兵器防護服の試験用に、と言われていますが、最終的にはこっち向けになるのでしょうね。とても考えさせられます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d83454089b69e20163023e34eb970d

Listed below are links to weblogs that reference 2足歩行のロボット兵士を開発するDARPAの「アバター」プロジェクト:

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿